ディメンションゼロの攻略はDimension++で

ディメンション・ゼロの情報

ディメンション・ゼロを攻略しよう

、ディメンションゼロのカードについての要望をいけっち店長に出して見ました。
皆さんも今までカードゲームを行なったうえでの要望等がたくさんあると思います。
その他聞きたいことがあればメール下さい。

ホームサイトマップブログ(雑記)リンク更新履歴
☆ デッキ集

☆ カードリスト
■ ファースト・センチュリー

☆ 掲示板

☆ ランキングサイト

☆ メール

☆ スポンサードリンク

 ★カードキングダム池っち店長より。ゲーム作りについて。

 管理人様からの、「ディメンションゼロに対して望む事」に対する、僕なりのお返事を送らせて頂きます。
 あくまでこれは、僕個人の考え方であり、ディメンションゼロの製作に必ずしも影響するものではないという事を、
 ご理解下さい。
 あくまで作っているのは、遊宝堂・中村さんと、ブロッコリー様なのですから。


 ☆ ディメンションゼロについての要望 その2,3☆

  要望その2:運任せのカードをつくらないこと。(デッキを時間かけて作った人に申し訳ない)
 
 基本的には、ディメンションゼロはシステム上、運の要素が少ないとは思います。

 が、運の要素は、絶対に必要です。それがカードゲームの持つ魅力なのですから!

 ちょっとカードゲームをかじった人ほど、「運の要素を無くしてくれ!」と言いますが、初心者の時の気持ちを
 忘れてしまったのでしょうか。
 あなたはなぜ、カードゲームを“始める事が出来たのか”を。

 “運さえ良ければ”、上級者にも勝つことがあるから。
 だからこそカードゲームは、多くの人が始めやすいんじゃないでしょうか?!

 特に子供。最初のうちは、いつまでたっても、強い人に勝てない、何度も何度も負け続ける。一回も勝てない。
 こんな“遊び”、始めます?

 「実力が全然足りない最初のうちでも、運が良ければ勝てた」
 からこそ、カードゲームを始める事ができたにも関わらず、少し、自分なりの理屈がわかってきたからと言って、
 その理屈で思い通りにならない“運の要素”を否定するのは、そりゃちょっと身勝手なのではないでしょうか。
 (ほんの少し、世の中の仕組みの“カケラ”が見えた所で、全部見えたような気になりやすい、
 中学生に多いと思います。)

 実力が冷徹に反映される、そんな物の中で、自分を高めていこう、というのは尊いと思います。
 しかし、カードゲームはもっとおおらかな、コミニケーションツール。
 冷徹に実力で戦いたいのなら、スポーツや将棋をやれば良い事。

 とは言え、ディメンションゼロは、“競技”といっている以上、もちろん、実力が反映されるゲーム性を保つべきです。
 でも、それでも、ガチガチの競技性よりも、本当はもっともっと大切な事があると思います。

 沢山の人が、参加しようと思ってくれる事。

 ガチガチの、初心者絶対に勝てねぇ、という競技は、入り口が狭すぎると思いませんか?

 例えば、賞金が掛かっている大会が、将棋であったとします。将棋には、運の要素が全然ないから、
 どう考えても初心者が羽生名人に勝つ事はありえない。
 「羽生名人に挑戦しよう!」
 という初心者はいませんよね。

 タイガーウッズと賞金をかけて、ゴルフ勝負する人もいない。これも実力が全てだから。

 が、例えばマージャンだとどうでしょう?

 本当は、強い人が結局は勝つんですが、運の要素があるから、初心者も、
 「あるいはもしかして、ひょっとして?勝てるのでは?」
 と期待しませんか?

 この、「もしかするとひょっとして?」と思わせる所が、カードゲームの本当に優れたところ。プレイヤーを増やす、
 優れた長所だと思います。

 その長所を、わざわざ無くす必要は、どう考えても無いでしょう。
 これもまた、カードゲームに対して、マクロな視点で見てもらえれば、理解してもらえると思います。

 

 要望その3:大会等は一発勝負出なく3回勝負にすること。(カードの順番で運が強くなるため)
 
 はい。これは僕も、サイドボードを使った3本戦にすべきだと思います。
 競技として戦う以上、できるだけ全力を尽くすチャンスが多いほうがいいですからね。
 実際のところ、大会運営方を決める権限なんて、僕にはないから、意見として言ってるだけなんですけど(笑)。
 多分そうなると思います。




ディメンション・ゼロ攻略のDimension++ デュエルマスターズ最強への道 デュエルマスターズ最強リンク集 ゲーム最強のランキング 無料ゲームオンラインゲームリンク集

Copyright (C) 2005 Dimension++, All Rights Reserved.